ベンチャー企業経営者様

  • 資本政策および資金調達支援

    資本政策

    上場を目指す場合:
    事業計画を基にして、株式公開までに必要な資金の調達について、慎重に検討します。上場前3年~5年程度の期間で「いつ、だれから、いくら調達するのか」を中心に、資本政策をまとめます。

    事業承継を目指す場合:
    事業承継の際に、後継者がスムーズに事業を引き継げるよう事前に計画を策定します。

    資金調達支援
    経営状況を分析し、企業様の財務状況や成長ステージに適した方法で資金調達を支援致します。

    創業期:
    ベンチャーキャピタル、創業融資(政策金融)、補助金等

    成長期:
    ベンチャーキャピタル、事業パートナーによる出資、銀行融資等

    成熟期:
    プライベートエクイティ、MBO、銀行融資等

    事業再生:
    事業再生ファンド、補助金等

  • IPO(株式公開)支援

    当社は、企業の成長にとってIPOが必須とは考えません。これは IPO にはメリットもデメリットもあるからです。必要以上に早い段階で IPO することは、かえって企業の成長を遅らせる原因にもなり得ると考えます。

    当社では、まず企業が IPO をすることが、メリットがあるか否かを検討させていただき、メリットがあると判断した場合にのみ、IPO支援を行うこととしています。逆にまだメリットがないと判断した場合には、IPO を検討することができるような体制となるようにサポートすることから始めます。

    IPO のための準備作業は、1 つには上場企業に相応しい内部統制の整備運用であり、1 つには財務会計の適切な報告体制の整備運用であるといえます。ともに、当社のスタッフが最も得意とする領域であり、より実務的なサービスを提供することができると考えています。

  • 内部統制構築支援(JSOX)

    ○ 内部統制評価のポイントは監査を受ける必要があるということ
    金融商品取引法に基づく内部統制評価制度については専門的な知識による裏付けのあるコンサルティングが必要です。
    本制度においてキーとなるのは、会計監査人の監査を受ける必要があるということにあると考えます。その視点なしに、徒に労力とコストをかけることは非効率となります。

    当社では、会計監査人としての経験豊富な公認会計士が対応することで、監査をする側の立場を理解した上で、適正意見を得るための効果的、効率的な整備、運用をサポートいたします。

    ○ 文書化や運用評価など実務的な作業に対応
    ともすれば概念や理論の説明だけに終始しがちなコンサルティングが多い中、当社では財務会計上のリスクの抽出とそのコントロールの確認、コントロール改善のご提案、文書化作業、運用評価の実施、など、より実務的な対応が可能です。
    特に文書化作業など、内部統制の整備状況の評価が終了した後には、実際に文書化したとおりに運用されていることを評価することが必要です。
    ここでも、監査に耐えられるレベルの作業が必要であり、そのためには財務会計や会計監査の知識が必須であるといえます。

    内部統制評価とは、まさに財務諸表監査と表裏一体をなすものであり、財務諸表監査の経験が豊富な当社のスタッフだからこそできるサービスがあります。
    監査に耐えうる実務的なサポートを実施することが、当社の内部統制構築支援(JSOX)のキーコンセプトです。

    一般的な内部統制評価のステップは右記のとおりです。
    当社は各ステップで必要とされるポイントをご説明し、的確なアドバイスをご提供いたします。

  • 経理業務代行

    伝票起票から決算までの一連の経理業務を代行致します。企業内に専門のスタッフを置く必要がありませんので採用コストや人件費を抑制し、さらに当社専門スタッフによる業務代行により迅速な月次決算を可能にします。

  • 人事労務業務代行

    提携する社会保険労務士事務所と共に、人事労務関連の各種届出等を支援いたします。

    また、税理士法人 ビジネスナビゲーションにて、給与関連の日常処理についても一括して対応することが可能です。

  • 行政への各種届出

    提携する行政書士事務所と共に、行政機関への各種届出等を支援いたします。

  • 日本進出企業バックオフィス

    日本への進出を計画している海外企業様に対し、立ち上げに必要な業務を代行致します。